若い女性のやせすぎは深刻

やせていることが美の基準となっていることで、困ったことが起きています。

ファッションモデルが拒食症で死亡したと、国際的な社会問題になって、フランスではやせすぎのモデルは採用しないと表明しました。

日本でも若い女性はやせすぎで、深刻な健康問題なっています。

「国民健康栄養調査」によると20歳女性の5人に1人が「やせている」。先進国の中でも割り合いが高い。骨量減少なので、本人の健康を損ねるだけでなく、低体重児が生まれるリスクが高まっているなど、次世代の健康にも大きな影響を与えています。厚生労働省は今年「若年女性のやせ」を国民栄養に関する重点課題の一つとして、対策に乗り出すという。

思春期には「クラスのみんながダイエットしてるよ、私も夜ごはん食べない日が多いし、1日1食の日もある」と、体型維持のために食事の量を制限する傾向がある。

国立生育医療研究センターが、今年の春行なった調査では、小学4年生から高校生男女約300人で、4割が、自分は太りすぎか太り気味答えている。成長期に約半数が「やせたい」とダイエットしている結果があった。

ダイエットすると、成人になって、かえって肥満になる。成人女性で栄養不足になると、骨量低下、貧血、月経不順招き、たんぱく質の摂取が十分でないと筋肉量不足の問題が、運動機能にも関係してきます。

また年をとると、若年期の栄養不足は、カルシウムの吸収量が落ちて落ちて、骨粗しょう症などのリスクも増加してくるなど、さらに問題になってくるにで、十分注意する必要がある。

やせているほど美しいという偏った価値観は、将来の健康のためにも、考え直して欲しいです。

若い女性に「太った?」「顔が丸い」など、なにげない言葉も、気にしすぎるようなので、気をつけていきましょう。

成人女性は戦後の混乱期よりやせているそうです。今。

京都の家事代行、高齢者サポート、ベビーシッター、英語の対応、遺品整理などは
家事支援サービス チューリップへ
お問い合わせは⏬
電話:075-591-4760
Eメール:info@chuuripu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です