海のプラごみ

沖縄リゾートホテルの海辺にすら、ビニールがごみとして漂っていました。ウミガメや、割と大きな魚も泳いでいる中、シュノーケルを楽しんだのですが、ビニールを誤って飲み込まないかと心配でした。

そんな不安を思っていたらこの記事に出会いました。

小学校で、「海のプラごみ」を考える授業が行なわれています。東京港区で、近くの東京海岸大学の准教授の方を招いて、SDGs(持続可能な開発目標)について考えました。

直径5ミリ以下のマイクロプラスチックが、魚の体内に入り、それが人の体にも入ってくる影響は、世界中で対策を話し合われています。プラスチックのレジ袋が有料化されたり、日本でも始まっていますが、他の国ではレジ袋を使うと罰金や禁固刑が科されるという所もあって、子供たちも驚きの声をあげていたようです。

海洋ごみの分布は船や航空機による調査に頼ってきたが、陸地から遠く離れた外洋はよく分かっていなかったので、国立極地研究所と北海道大学などのチームで、海鳥に記録装置をとりつけ(「クロアシアホウドリ」の腹部)、撮影した動画を分析した結果、ごみをくちばしでつついている様子がわかった。ごみがあった海域は、餌をとるエリアと重なっていて、ごみの中にはフジツボなどの海洋生物がついていたものもあります。ごみをまちがって食べたり、漁網などに絡まったりと、鳥たちの被害も数多く起きています。

私たちも日常便利に使っているプラスチック製品をよく見直し、国連が掲げるSDGsについて考える必要があると思いました。

京都の家事代行、高齢者サポート、ベビーシッター、英語の対応、遺品整理などは
家事支援サービス チューリップへ
お問い合わせは⏬
電話:075-591-4760
Eメール:info@chuuripu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です