水平社100年 差別なき社会次代に誓う

全国水平社創立100年記念集会が創立の地、京都で開かれました。100周年に合わせ被差別出身者の苦悩を描いた、島崎藤村の小説「破壊」が60年ぶりに映画化され、記念集会でお披露目された。主人公の小学教師瀬川丑松を演じた俳優間宮祥太朗さんは、舞台あいさつで「普遍的な映画になる予感がして、役を引き受けた。この映画を通してその時代背景、物語がストレートに伝わってほしい」と語っていました。(7月8日から全国で上映)

前田和男監督は「この映画は希望を感じさせる、問題を人々がざっくばらんに話し合うきっかけにしてほしい」と語っています。

1世紀の間、差別のない社会を目ざして、活動し「新たな決意」を表明したほか、今、戦争で最大の人権侵害が行なわれていること、「全ての人間に光あれ」という西光万吉の言葉を原点であることを、もう一度胸に刻まなければならない、と訴えている。

全ての人が人として尊ばれる世の中を説き続けています。まだまだ差別は残っています。

京都の家事代行、高齢者サポート、ベビーシッター、英語の対応、遺品整理などは
家事支援サービス チューリップへ
お問い合わせは⏬
電話:075-591-4760
Eメール:info@chuuripu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です