毎日の食事で五感からも季節を楽しむ

植物が季節によってさまざまに姿を変化させるように、人の体も四季に合わせて変化します。旬の食材には、その時節に合った栄養で力や効能があり、漢方では食べることで体の内側から、季節と調和して健康へ導くという考え方があります。

たとえば冬は冷え込むので、ネギやショウガ、ニンニクなど、代謝をとり入れることがすすめられます。またエネルギーを消耗するので“黒い食材”でエネルギーを補うことがすすめられます。またエネルギーを補うことも大切です。ただ最近は本来の旬がわかりにくいので一部を紹介します。

春…心を落ち着かせる。体のリズムを保つ。(タイ、イカ、ハマグリ、カキ、菜の花、梅干し、等)

夏…体内の熱を冷ます、夏バテの栄養補給。(ウナギ、オクラ、ショウガ、キュウリ、スイカ、枝豆、等)

秋…乾燥を防ぐ、体のリズムを保つ。(キノコ類、イワシ、銀杏、里芋、ブドウ、梨、等)

冬…体が温まる、エネルギーを補う。(ネギ、タラ、昆布、鶏肉、ヒジキ、海苔、等)

食事は五色をバランスよく

五色とは、赤黄緑白黒の5つのこと。

赤…活力を与える(鶏以外の肉類、トマトなど)

黄…消化を促進する(卵、柑橘類、大豆など)

緑…気分をリラックス(ほうれん草、緑茶など)

白…体をうるおす(白米、豆腐など)

黒…エネルギーを補う(シイタケ、黒ゴマ、海苔など)

食べ物を色で分類する漢方の教えです。この五色に限らず「献立にはできるだけ多くの色を入れること」を意識することで、毎日の食事に変化を与え、日本でも海のもの、山のもの、お野菜も葉の部分と根菜も合わせて等、良い習慣にして健康に寒さを乗り切っていきましょう。

京都の家事代行、高齢者サポート、ベビーシッター、英語の対応、遺品整理などは
家事支援サービス チューリップへ
お問い合わせは⏬
電話:075-591-4760
Eメール:info@chuuripu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です