毎年”沖縄に旅行“

33年ほど前から、毎年「沖縄」に旅行しています。今ほど飛行機の便がなく、代金も高く、気楽に行ける場所ではなかったのですが。

ホテルもあまりなく、日本人か米軍関係のアメリカ人しかいない所でした。

いつからでしょう。中国人やかんこくじんが来るようになり、ベトナム人やフィリピン人、インドネシアからの観光客も増えはじめました。

お金のある中国人が沖縄の土地やマンションを買う自体が起こる……。

ただ沖縄の人は、祖先から受け継いだ土地は売らないことが多いです。米軍基地も、貸しているだけです。

基地の近くでは、爆音を鳴らすアメリカの飛行機が飛び、ほんとうにびっくりしたこともあります。カミナリよりこわいです。

国道58号線「ルート58」は、左右が基地の所もあり、有刺鉄線の間を通る所もあります。

33年前に比べると、遊ぶ所も、おみやげ屋さんも、コンビニもスーパーも、ホテルもレンタカー屋さんも、すごく増えて、沖縄バブルと言われてました。コロナ前までは。

コロナの渦中、昨年も時期を選び沖縄に行き、ホテルから出ないで5日間過ごしました。

そんなに遠くない将来、生活の拠点を沖縄に移したいと思っています。

沖縄の人の優しさ、親切さに心打たれました。京都で人間関係に悩むより、あたたかい沖縄に移住したいです。

TVより 世界遺産 奄美大島

京都の家事代行、高齢者サポート、ベビーシッター、英語の対応、遺品整理などは
家事支援サービス チューリップへ
お問い合わせは⏬
電話:075-591-4760
Eメール:info@chuuripu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です