庭の掃除 梅雨の合い間が最適

夕方の水やりが必要な季節になってきました。涼しさを演出するために日頃見慣れた庭を一度すっきりしましょう。

見えていないほこりが積もって水分を含むと、思わぬ所に黒カビが生えたり、汚れがとれにくくなります。最近はやりの家庭用の高圧洗浄器で早くすっきりきれいにする方法もあります。梅雨のあい間に掃除すると夕立で見違えるほどきれいになるのでおすすめです。

夏の水やりは、庭に日射しが入らなくなる夕方以降に。植物は夜間に水を必要とします。ほとんどの植物は頻繁に軽く水やりをするより、たまに大量水やりをする方が効果的だと思います。植物の上にかけるのではなく、土に十分水が染み込むようにします。ブルーベリーの木のように水を切らさないようにするものもあります。

虫の多くなる季節に、庭にハーブを植えると害虫除けになる効果があります。ワームウッド、バジル、フレンチマリーゴールド、ナスタチウムなど。益虫を引き寄せてくれるうえに花が美しく楽しめるものに、チャービル、コリアンダー、ディル、パセリ、ミントなどがあります。庭を掃除しておくと害虫の隠れ場所がなくなります。

むしむし、じとじとした梅雨を快適に過ごしたいですね。

京都の家事代行、高齢者サポート、ベビーシッター、英語の対応、遺品整理などは
家事支援サービス チューリップへ
お問い合わせは⏬
電話:075-591-4760
Eメール:info@chuuripu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です