外国人留学生向け交流会に参加してきました!

京都府の主催する、外国人留学生と企業のマッチングイベントに参加してきました!

会場には、さまざまな業種の企業さんのブースが設けられ、チューリップ社長と、広報担当Mさんもその中の一つに陣取ります。

留学生の方々、正社員雇用とビザ取得に向けてみな真剣そのもの。

特に人が殺到していたのは、介護関係の企業。介護は外国人を積極採用しているため、門戸が広く、留学生には人気なんですね。

オンライン面談の時間も設けられており、会場には来ていない参加者の方々ともお会いできました。

「弊社は現時点ではアルバイト雇用のみなんです」と説明するのは少し胸が痛かったですが…こうした場に来れたことは初めてで、良い経験になりました。

チューリップでは現在、ベトナム人の留学生2人にもお仕事を手伝ってもらっています。2人とも、他にも仕事を持ちながら、空き時間に弊社で働いているという、とても意欲的で良い子たちです。

以前は、台湾の留学生の子がお仕事を手伝ってくれていたこともあります。

どの子も、純粋でやさしく、真面目。彼女たちのおかげで、ずいぶん助かっていますし、彼女たちの働き口としてチューリップが役に立っているなら良かったな、と思います。

コロナ以降、日本と海外の国々との関係のあり方も変わってきました。また、日本国内でも、働き方のあり方がどんどん変わってきています。そんな中で、私たち日本の企業は、外国人の求職者の方々と、どのような関係性を作っていけるでしょうか。

ブースに座りながら、そんなことをつらつら思う1日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です