地震で図書館の本落下40万冊

3月16日、宮城県地震で東北大学附属図書館では、おびただしい数の本が書棚から落ちた。昨年2月の地震でも同様の被害があり、ひもを通したり棚を傾斜したりと手をうったが、効果がなく落下。すべての本を元に戻すには2ヶ月ほどかかる見通し。職員の方達は大変な作業を行なっています。

本館と分館と合わせて40万冊ほどが落下して、中には貴重な古典資料5万冊も含まれ破損具合も調べていく。11年前の東日本大震災では87万冊(本館のみ)が落下、建物の損傷も大きかった。昨年2月の福島県沖地震でも被害があったり、一部で傾斜を5度つけて試してみたが、結局パーフェクトな落下防止策はなく、建物を免震構造に建て替えるしかないなど、今、まだ復旧の中、利用制限(本館以外)が続いているとのこと。宮城県の他の図書館でも被害が多い。

最近コロナ禍で図書館の利用が増加していて、親子で読書を楽しむほほえましい姿も見られる。先日、京都でも地震があって、とても人ごととは思えない。自分の家でも物が落下しないように、もう一度見直したいと思いました。

「子供の本の森 神戸」神戸市オープン

建築家の安藤忠雄さんがおくりました。

京都の家事代行、高齢者サポート、ベビーシッター、英語の対応、遺品整理などは
家事支援サービス チューリップへ
お問い合わせは⏬
電話:075-591-4760
Eメール:info@chuuripu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です