反省…お客様の意思を尊重するということ

「人工呼吸器をつけ、健常者と同じように話せないだけで、言葉が理解できないと思わないでほしい。偏見や思い込みに直面するたび、心を削られてきた。

 私が意思決定したことは、社会がどう受け止めるかで重さが変わる。私が自分で考えたり決めたりしたことなのに、その扱いは相手次第で重くもなり軽くもなる。」

ハッとさせられました。

私も通院介助によく行きますが、ドクターやナースは、ご本人ではなく私に説明します。

私も、ご家族様とご本人様がおられる時、ご家族様に向かってご本人様の事をお話ししていました。

「ご理解できないのではないか?」と勝手な理解をしていたのです。

サービスを受けるのは、あくまでもご本人様。たとえ、認知があっても、精神障害や知的障害があっても、です。

もし私自身が、交通事故か何かで言葉が喋れなくなって、同じ扱いを受けたらどう感じるか?

「たいへんな人権侵害だ、人間扱いしろ」と憤るでしょう。

もっと丁寧にお客様一人一人と向き合わなくてはいけないな、と反省しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です