参鶏湯(サムゲタン) 夏ばてに‼︎

夏の滋養食として有名になった韓国家庭料理、鶏一羽まるごと使ったチキンスープで、暑い夏のスタミナ食として人気です。本場の本格的な味は、若鶏をグツグツ煮込んで作る薬膳料理なので、夏の健康維持のためよく食べられている。一緒に煮込まれるもち米、にんにく、ナツメ、高麗人参などの栄養が溶け出したスープのやさしい味わいは、化学調味料など使わず素材そのものの本来の味を大切に、好みで塩こしょうを加えます。鶏肉は箸でスーッとほぐれるほど柔らかくしっとりした食感で、お腹の調子を整えてくれます。

韓国では夏バテ時の疲労回復としてよく食べられているため、日本では特に土用の丑の日におけるうなぎと同様、盛夏に食べると健康に良いとされ、夏の間だけ提供する食堂も多いという。家庭では、内臓をとった若鶏の腹の中に、もち米、ナツメ、にんにく、に漢方などの材料(入手できるもの、高麗人参、鹿茸〔ロクジョウ〕、ファンギ〔キバナオウギ〕などを入れたスープの素が販売されている)を煮込むだけで作れます。鶏肉も半羽にしてもよい。水から2、3時間じっくり煮込んで熱々のスープと一緒に提供するとよい。

美味しく作って、夏を健康に過ごしていきましょう。

Wikipediaより

京都の家事代行、高齢者サポート、ベビーシッター、英語の対応、遺品整理などは
家事支援サービス チューリップへ
お問い合わせは⏬
電話:075-591-4760
Eメール:info@chuuripu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です