介護保険外サービスとは

まさにわたしの仕事です。

介護保険は、公的に一定の条件を満たせば、要介護1ー5と、段階的に介護を受けられる時間や日時、介護の内容が決められます。

認定を受けるのが難しく、ケアマネージャーさんとの話し合いや、担当者との打ち合わせ等もあって、在宅医療を受けたいと思っても自分の望むようにならないという話もあります。例えば、「訪問介護」はヘルパーさんが定期的に訪れ、日常生活に必要な買い物や、介護者本人の洗濯、食事の準備はできるが、それ以外のことは頼めません、とよく聞きます。

介護保険外サービスは、本人が住み慣れた自宅で暮らし続けるための選択肢に利用できるメリットがあり、家族として一時も目が離せない中で、負担軽減になる例もあります。

特にコロナ禍で都道府県をまたいでの移動が困難なため、利用される方が増えています。

離れて暮らす親の通院のつきそい、趣味の外出の同行、庭の手入れ、日常に幅広いニーズに答えられる利点があり、おだやかな自分らしい生活へにサポートに期待できます。

介護保険外サービスは、民間企業だけではなく、自治体、NPO法人なども提供しており、利用するためには、事業者との契約が必要。

ケアプラン作りを担当しているケアマネージャーさんに相談したり、事業者のホームページを探したり情報を集め、しっかり契約前に打ち合わせて、どうしたいのか要望を伝えることで良い介護の援助が受けられると思います。

家事代行や外出のつきそいなどのサービスの場合、、東京や大阪の大都市圏の例で、1時間当たり3000円〜6000円程度と、負担は軽くありません。介護施設検索サイト「LIFULL介護」編集長で保険外サービスに詳しい小菅秀樹さんによると、「高齢者とのコミュニケーションを重視し、担当者が必要な研修を受けている事業者が増えている」。本人や家族の困り事にしっかり対応したサービスを提案。感想や要望によって改善を図ってくれることも重要。安心感も含めてしっかり事業者選びをしてほしいと助言しておられます。

京都の家事代行、高齢者サポート、ベビーシッター、英語の対応、遺品整理などは
家事支援サービス チューリップへ
お問い合わせは⏬
電話:075-591-4760
Eメール:info@chuuripu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です