京都市動物園に孫預かりで行きました

コロナ対策で(動物もコロナにかかり、うつるから)遠くからしか動物を見ることができず、唯一さわれたのが、柵の間から、陸亀のみでした。

ただ入場無料で、動物の本をゆったり読めるスペースが出来ていたり、カフェを併設していて、コーヒーと本だけでもでも読めたり、楽しめます。市民サービスを上げていますが、動物を間近に見れないのが寂しいです。

〔京都市動物園〕京都市左京区岡崎法勝寺町、岡崎公園内。6月1日から入園料750円。月曜定休、年間パスポート2200円に改定。

〔京都市動物園ボランティアーズ〕「おとぎの国」で活動している団体で、動物と入場者との橋渡し役としてテンジクネズミやウサギなど、動物とふれあいの手助けや、動物ガイドなどを行なっています。

〔京都市動物園サポート制度〕「Amazonほしいものリスト」新たな寄付制度として、令和3年6月22日から活用を始めています。

「餌の寄付について」2021年4月から、企業や生産者の方と連携し、食べられるのに廃棄物として処理されていた野菜の端材や剪定枝などを、飼育動物の餌として活用することで、飼育費の縮減だけでなく、廃棄物を減らし、資源を有効活用することを目的に取り組んでいます。

京都の家事代行、高齢者サポート、ベビーシッター、英語の対応、遺品整理などは
家事支援サービス チューリップへ
お問い合わせは⏬
電話:075-591-4760
Eメール:info@chuuripu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です