京都めぐり「六道珍皇寺」(ろくどうちんのうじ)

「六道さん」と呼ばれています。現在の松原通り沿い。平安時代には、東山四条下るあたりの場所は平安京の墓地で、火葬場「鳥辺野」に至る道筋で「野辺の送り」をされたことにより「人の世の無常と、はかなさを感じる場所」だそうです。この寺はこの世とあの世の分岐点と言われています。

小野篁(おののたかむら)平安時代初期の公卿、文人をまつってある。参議篁(さんぎたかむら)の名で小倉百人一首「わたの腹 八十島かけて こぎいでぬと 人には告げよ あまのつり船」

隠岐に流されたときに詠んだとされる。官位がありながら野宰相など異名がある。一説に小野小町の祖父。

今、京都のまん中になった所の昔に入りこんだ一時でした。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です