京都めぐり「京都の七口」

京都の中心部に「御土居」(おどい)と呼ばれる土塁が張りめぐらされていました。

京都の七口と呼ばれており、「鞍馬口」「大原口」「荒神口」「粟田口」「丹波口」はよく耳にします。

「七口の関」中世頃、地方から京都に入る七つの街道に設置された関所のことで、平安京に入る入り口なので「口」が用いられ、鎌倉時代から使われはじめ、時の幕府、寺社、朝廷等、さまざまな場所に設けられ、通行料を徴収するようになった。

天下統一を成しとげた豊臣秀吉が長い戦乱で荒れ果てた京都の都市改造の一環として、外敵を防ぐ防壁と、鴨川の氾濫から市街を守る堤防として、天正19年(1591)に多くの経費と労力を費やして築いたもの。江戸時代には天下太平の世が続き、次第に無用の存在となり、明治に徐々にとり壊され、市街地が広がるにつれ、北辺を中心にわずかに残るのみとなる。

現在、9箇所が京都の沿革を知る上で、重要な遺構として「史跡」に指定されています。私の仕事上、なじみのある御土居の北側の「加茂川中学校」「大宮交通公園」「大宮土居町」「鷹峯」を歩いてみると昔の面影が感じられるかもしれません。

また「御土居」の内側を「洛中」、外を「洛外」と称していますが、洛中にお住まいの方々はプライドを持って「京都人」とお呼びになられます。長い歴史の一端をうかがえますね。

山科にも御土居はわずかに残っていますが、京都人には程遠いのでしょうね。(笑)

海外でも城外を作るのはよくあることで、石造りの立派な城壁の中に街があって、外国旅行では目を見張るものですが、日本の京都のまん中に、(大きい所では、幅が20m以上あったとか)囲いがあったと思うと、とても不思議な気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です