京都めぐり 「柊木のダム」「氷室」

「柊木のダム」(柊野堰堤ひいらぎのえんてい)
北部クリーンセンター帰りに寄ってみました。北区西賀茂にある砂防ダムで、とても涼しい風景でした。今では住宅地が近くなっていますが、周囲に公園があり、京都の北の避暑地だったのでしょうね。

1935年(昭和10年)「京都大水害」が大きな被害をもたらし、御薗橋や五条大橋など鴨川の橋が流されたのを受けて、造成されたもの。付近は数多くの時代劇の撮影地にもなっている。上賀茂神社境内を流れる明神川に合流。上賀茂田畑の農業用水としても大切。

「氷室」
西賀茂の北はかつて氷をつくって貯蔵した氷室があった場所。平安京に遷都(せんと)された後、遠くは奈良から運ぶのは大変だったので、北の山間部に3〜5カ所、氷をつくる場所があって、冬にできたものを保存し、夏に御所に運んでいました。

まだ京都が猛暑になる前の涼しい場所だった時代が、なんと遠くなった事かと考えさせられますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です