ヒルトングループ 初の京都のホテル

京都市北区衣笠鏡石町44-1

江戸時代に生まれた芸術村、琳派発祥の地である、鷹峯地区、光悦寺にほど近い自然に囲まれた、環境を大切にした最上級ホテルです。

総合観光施設「しょうざんリゾート京都」の敷地内のボウリング場やプールのあった一角を東急不動産グループが買い取って、再開発。ヒルトンからホテル運営を受託し、整備したもの。

敷地内に流れる天神川のほとりでは、平安時代に紙をすいた場所があり、ホテルの名に漉くの「漉(ろく)」をあてて、ROKUと名付けられた。

9月16日オープンした。ラグジュアリーブランド「LXRホテル&リゾート」がアジア太平洋地域に初進出ホテルで、客室114室、広さは50〜100㎡(5タイプ)、窓から鷹峯三山(鷹ヶ峰、鷲ヶ峰、天ヶ峰)の雄大な景色を楽しめる。広いゆったりしたスペースに大自然を感じられることや、建物内には漆や竹、陶器など、日本の伝統工芸のデザインを施したものとなっている。

新型コロナ禍でも、京都は世界的に見ても有数の観光地で、まだ高級ホテルは不足している。国内の富裕層もねらうという。

一泊約11万5千円から、最上級クラスは25万8千円からー。

現在ドバイ、ロンドン、アンギラの3拠点で展開する高級リゾートの仲間入りをするわけで、歴史、文化、土地に根ざした、唯一無二のサービスを提供することを目ざしているそうです。

気軽に見学というわけにはいきませんでした。

京都の家事代行、高齢者サポート、ベビーシッター、英語の対応、遺品整理などは
家事支援サービス チューリップへ
お問い合わせは⏬
電話:075-591-4760
Eメール:info@chuuripu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です