キエフ 老舗ロシア料理店

ウクライナの首都「キエフ」はローマ字読みで、現在は「キーウ」というウクライナ語読みに変わったようです。京都出身の御夫婦が、戦後、ロシア・ウクライナ両国と日本の架け橋にとして始まった老舗ロシア料理店が、東京に、そして姉妹店が京都に、65年前に創業された。京都の「キエフ」には歌手の加藤登紀子さんの両親であることから知る人ぞ知る有名店。毎年2月にはほろ酔いコンサートに集まるようになった。

ウクライナの首都と京都市は姉妹都市として文化交流も盛んに行なわれて、創業時から旧ソ連各地の郷土料理、本格的ウクライナ料理にこだわって、現地から招いた料理長直伝のキエフ風カツレツや、シチューのつぼ焼きは店の看板メニューとなっている。

加藤御夫妻が満鉄入社を機にハルビンへ行き、11年過ごし、極東の塞村が、帝政ロシア時代に西欧建築が整備され「東欧のパリ」と称された国際都市。1917年の革命後白系ロシア人、ウクライナ出身者もおり、中国人も含む多民族が暮らした街。父幸四郎さんは引き上げ後「ハルビンではお酒を飲んで、歌ってダンスをするのが日常」その郷愁もあったという。

両国に愛情を持っているオーナーは両国にルーツをもつスタッフもおり、一日も早い停戦を切望されています。心から早くと願います。

父幸四郎さん「料理に国境無しの感を強くする。料理を通して、平和的な交流ができれば」と生前に言われたが、今この現状にどんなに心を痛めるだろう。

京都の家事代行、高齢者サポート、ベビーシッター、英語の対応、遺品整理などは
家事支援サービス チューリップへ
お問い合わせは⏬
電話:075-591-4760
Eメール:info@chuuripu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です