きれいな鴨川 次世代に引きつぎたい

「鴨川を美しくする会」1964年に、住宅や工場などで開発が盛んに行なわれ、鴨川がひどく汚れていた時、杉江貞昭さんが結成されました。60年間、清浄や川に親しむイベント、学校での環境学習にとり組んできました。(京都新聞から)

今年10月20日に、鴨川の調査が行なわれ、室町小学校5年生が参加しました。40数人はサンダルなどにはきかえ、魚や虫をつかまえるネットを手に水に入ります。

「石の下に何か動いている」「すくったネットに虫がいた」元気な声で次々と、カワゲラ、「ヘビトンボの幼虫」「モズクガニ」など、豊かな自然環境が観察され、講師の京都自然教室代表八木雅之さんは、「生き物が生息する環境がたもたれていることが分かりました」と生徒に話しました。調査後生き物は川にもどされました。

上京区と左京区にまたがる賀茂大橋のそばで生き生きと調査している子供たちには、確実に次世代に引き継がれていく希望が持てました。

京都の家事代行、高齢者サポート、ベビーシッター、英語の対応、遺品整理などは
家事支援サービス チューリップへ
お問い合わせは⏬
電話:075-591-4760
Eメール:info@chuuripu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です