「陶磁器フェスティバル」眞子さまあいさつ

秋篠宮家の長女眞子さまは、9月30日岐阜県多治見市などで始まった「国際陶磁器フェスティバル美濃'21」の開会式に、ビデオメッセージを寄せた。フェスティバルの名誉総裁を務められる眞子さまのメッセージは、「斬新な発想による繊細な作品、若手作家の情熱あふれる作品など、多様な焼きものが展示されます。焼きものの文化が息づく美濃の地域がより一層発展することを願います。」

3年に1度開かれる世界最大級の陶磁器祭り(10月17日まで)

私の若い時から多治見で始まりました。妹は一回目のコンパニオンでした。いろいろな意味で注目される今回のフェスです。

「美濃焼き」岐阜県土岐市、瑞浪市、可児市を主たる産地とする陶磁器の総称。

1978年(昭和53年)7月22日 通商産業省、(現在、経済産業省)の伝統的工芸品に認定。

平安時代の須恵器から発展した。鎌倉時代に瀬戸焼きに近く陶器生産が開始され、織田信長の経済政策によって発展し、桃山時代に、「美濃桃工陶」ができ、志野焼、織部焼きの優れた器が作られ、江戸時代に、美濃焼きの基礎が築かれた。土岐市は現在日本最大の陶磁器生産の拠点で、生産量は日本一。和洋食器も多く生産する。

京都の家事代行、高齢者サポート、ベビーシッター、英語の対応、遺品整理などは
家事支援サービス チューリップへ
お問い合わせは⏬
電話:075-591-4760
Eメール:info@chuuripu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です