「戦争と平和」に思うこと

トルストイの壮大なドラマ、もう古典でご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、冬の知らせが届くと必ず思い出します。

ナポレオン皇帝(フランス)が、「余の辞書に不可能の文字はない」と言った事で有名です。1812年、50万人近い大軍を率いてロシア遠征を行なった時代の話です。

ロシア側は町を焼きながら退却し、敵が物資を現地調達できないようにし、古都モスクワを9月中旬に明け渡したのです。

クレムリンを奪還したが、ナポレオンは1カ月無駄に費やし、撤退。冬将軍が近づいてきた。早期撤退を進言した側近は「ヨーロッパ制覇の勢いのままに進軍したが、かつての幸運から見放されてしまった」。自己過信し、備えを怠った結果、猛烈な冬の寒さと飢え、疫病で多数の兵士を死に追いやった。

冬の備えも十分考え、今後おきることも楽観視しない事を、「不可能はない」はないと自戒しています。

京都の家事代行、高齢者サポート、ベビーシッター、英語の対応、遺品整理などは
家事支援サービス チューリップへ
お問い合わせは⏬
電話:075-591-4760
Eメール:info@chuuripu.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です